ウィッグの装着方法は、ネットタイプ、ピンタイプ、地肌密着タイプの三種類あります。一番一般的なのはネットタイプで、裏地がネットの様な網目状になっているため、そのまま被ることができます。簡単に被ることは長所ですが、すぐに崩れやすいという短所もあります。次にピンタイプですが、このタイプは留め金にウィッグを取り付けるタイプのもので、装着に時間がかかる点が短所です。しかし、その分激しい動きにも対応できる長所を備えています。ネットタイプとは真逆のタイプになります。最後に、地肌密着タイプですが、地肌に接着剤を塗るため地肌に何らかのダメージがあるという点が短所です。もちろん、その分崩れにくくなっている点が長所としてあります。このように、様々な装着方法があるため自分の使用用途に応じて使い分ける必要があります。

ウィッグの手入れと保管方法について

ウィッグも美容品のため手入れや保管をきちんとしなければいけません。そのため、頻繁に使用する場合は、手入れをする必要があります。手入れ方法としてウィッグを外した後、最初にブラッシングを行います。これにより、逆毛を防ぎ、埃を落とします。次にシャンプーとリンスを加えた水で洗います。この時に、お湯で洗うと髪が傷むため、水で洗うのが良いでしょう。その後、タオルや自然乾燥で水分を取った後にブラッシングやミストを使用し、艶出しを行います。保管方法としては、ポーチに入れるかスタンドを使用するのが良いでしょう。ポーチに入れる際の注意点としては、型崩れしないようにウィッグの中に髪を詰めて、Uの字になるように纏める必要があります。スタンドを使用する場合は、長期間置きっぱなしにすると、埃が付着するので、その点気を付けましょう。自分に合った方法で手入れ保管するのが良いでしょう。

ウィッグを利用してみよう

ウィッグというものは手軽にイメージを大きく変えることができる優れものです。いろいろイメージを変える道具というものはたくさんあります。服やアクセサリー靴などファッションでも大きく印象は変わってきます。そして女性の方はメイクでも大きく変わることでしょう。しかし、もっとも印象を変えるものは髪だと思います。髪型というものは別人のように変わるものです。しかし、染めるのが仕事上できないという人は多くいることでしょう。サービス業の方はとくに多いと思います。そのような人は休みの時にウィッグをつけてみて楽しむのもいいかと思います。とても手軽に自分を変えることができます。最近のものはとても自然なものが多くクオリティも高いです。値段もリーズナブルなものから様々な種類があります。ぜひ興味のかる方は調べてみて下さい。